HOME
リース事業
調査研究事業
助成事業
申請について
Q&A
協会案内
リンク集
リース事業のご案内
リース事業の種類 リース事業のメリット 信用保険 動産総合保険

リース事業のメリット

1.一定の範囲内で自分の好きな、新しい機械・器具を選ぶことができます。

 自分の経営規模に合い、適正な能力を有した、操作の容易な機械・器具

を自由に選定して下さい。特に高度な機械器具の場合は、メンテナンス体

制がどうなっているかも重要な選定の条件です。

2.一度に多額な資金を必要としません。

 平均的なリース期間は、6年間程度です。購入時価額の90%の1/6が年間

のリース料です。これを原則年2回(9月末、3月末)支払います。

3.借受け終了後、機械・器具は自分の物となります。

 リース期間が終了しますと購入時価額の10%の譲渡価額で譲渡がされます。

譲渡価額が支払われると自分のものになります。 

4.リース期間中の滅失、毀損等の事故については、保険制度でカバーされます。

 事故により稼動不可能、不都合が生じる場合が多々あります。動産総合保

険に加入、万全の対策を講じてありますので安心してご使用になれます。 

5.畜産農家の方は、信用保険の制度もご利用いただけます。

 信用保険

|HOME| |リース事業| |調査研究事業| |助成事業| |申請について| |Q&A| |協会案内| |リンク集|