HOME
リース事業の種類・保険
申請される方はコチラ(申請書様式など)
調査研究事業
助成事業
Q&A
協会案内
リンク集
協会案内
協会概要 理事長挨拶・組織図 事業計画・事業実績 情報公開 事務所案内

理事長挨拶

 

 当協会は、昭和50年の設立以来、畜産振興上必要な機械施設の貸付け、乗馬

施設の貸付け、地方競馬の用に供する機械施設の貸付け並びに畜産及び馬事に関

する調査研究等の事業を実施してまいりました。
 

 この間、畜産、地方競馬等をめぐる情勢は様々に変化しましたが、各都道府県

の畜産協会、農協をはじめ、地方競馬主催者、乗馬クラブなど関係の皆様方のご

理解ご協力により、貸付事業につきましては令和3年度末までで累計7万2千件

(うち畜産関係施設貸付6万9千件)、2,634億円(同1,957億円)を

超える貸付けを行っております。
 

 現在、国際化の進展や労働のあり方が見直されるなかで、パンデミックとなっ

た新型コロナウイルスによる畜産物の需給失調、さらにはウクライナ情勢に端を

発する飼料、エネルギー供給リスク等我が国の畜産経営を取り巻く環境は目まぐ

るしく変化しております。これからは、それらへの柔軟な対応と経営力の一層の

強化が求められるとともに、AI等先進的技術や外部支援組織の活用による労働負

担の軽減、国内飼料基盤に立脚した生産への転換などが大きな課題となります。

また、地方競馬の振興、活性化につきましては、共通インフラの整備等主催者及

び関係者において様々な工夫、努力がなされております。
 

 当協会は、平成25年4月に公益財団法人に移行しましたが、令和4年度から

畜産貸付事業において附加貸付料率を引き下げる等一層利用しやすい仕組みに改

めたところです。これからも国、都道府県の施策と連携して、低廉でより使い勝

手の良い貸付事業や補助付リース等を展開することにより、畜産の振興及び畜産

物の安定供給の確保並びに乗馬の普及及び地方競馬の振興にお役に立ちたいと考

えております。今後とも当協会事業の一層のご活用方よろしくお願いいたします。

 
理事長 飯   悟

組織図

←クリックして拡大

|HOME| |リース事業| |調査研究事業| |助成事業| |申請について| |Q&A| |協会案内| |リンク集|